プレミックス船工法協会

  1. ホーム
  2. 特長(プレミックス船工法とは)
プレミックス船工法協会 特長

プレミックス船工法とは/特長

■ 浚渫土(粘性土から細砂)を大量に固化処理することが可能です
施工能力は、400m3/hrです(処理土作製ベース,圧送距離で能力低減)。
■ 作業スペースが狭い場所での施工が可能です
揚土から処理土の製造、打設までの一連の作業を専用船で行なうため、比較的作業スペースが狭い場所での施工が可能です。荒天時の退避なども比較的容易です。
■ 処理土は流動性を有し、ポンプ圧送が可能で締固めを必要としません
作製された処理土は流動性に富みポンプ圧送による施工が可能で、締固めを必要としません。最大圧送距離は、300m(細砂)〜400m(粘性土)となっています。
■ 処理土の強度や流動性は、固化材添加量や加水量の調整を行うことで任意に設定することが可能です
 
プレミックス船による施工状況

プレミックス船による施工状況