プレミックス船工法協会

  1. ホーム
  2. 適用事例(プレミックス船工法とは)
プレミックス船工法協会 適用事例

プレミックス船工法の適用事例

土圧低減
強度が高く、土圧低減が可能なため、堤体や基礎断面の縮小が可能になります。
土圧低減

護岸腹付け、吸出し防止
水中打ち込みが可能なため、護岸の腹付けや中仕切りの築造が可能であり、強度も付与されます。
護岸腹付け、吸出し防止

液状化対策や耐震補強
背後地盤の液状化防止や既設構造物の耐震補強が可能です。
液状化対策や耐震補強盛

すべりや支持力安定性向上、
トラフィカビリティ確保など
埋立地での軟弱な表層を固化処理土で被覆することで、安定性の高い地盤を作製できます。
すべりや支持力安定性向上、トラフィカビリティ確保など

埋 立
地盤材料としての強度を保ち、高品質な埋立が可能です。
埋立

盛土構造物(水中)
大深度での水中打ち込みが可能であるため、水中に盛土構造物を築造することが可能です。
盛土構造物(水中)